受験生時代のルーティン〜田村編〜 | 東進ハイスクール 金町校 大学受験の予備校・塾|東京都 東進ハイスクール金町校|東京都

ブログ

2022年 1月 4日 受験生時代のルーティン〜田村編〜

 

こんにちは、担任助手の田村です!

三が日も終わってもう今日は4日ですね。

高校1、2年生のみなさんは、

そろそろお正月気分からは脱出して

来たる大学受験に備える必要がありますね!

受験生のみなさんは今年は年末年始など関係なく

勉強に集中して過ごすことができたでしょうか。

 

さて、今回のブログのテーマは

「受験生時代のルーティン」

についてです!

今日で共通テストまであと11日となり、

いよいよ入試期間が始まります。

入試期間において大切なことは、

規則正しく生活をすることです。

予定が変則的になる入試期間は、

毎日同じ時間に学校がある期間と比較すると

疲労が溜まりやすく、パフォーマンスも

下がりやすいです。

 

そんなときに僕が意識して実践していた

ルーティンを紹介します!

 

①絶対に朝起きる時間を守る

1日の始まりの朝は非常に重要です。

入学試験は大体が午前中から始まりますが、

ヒトの脳のパフォーマンスが最も高まるのは

朝起きてから3時間以降と言われています。

入試本番で実力を発揮するためにも

入試が始まる3時間前には起きる習慣を

つけるようにしていました。

朝起きるのがどうしても苦手な人は

友達と待ち合わせするのがオススメです!

人を待たせてしまうという責任感で

起きれるようになると思います!

 

②何があっても毎日東進に来る

特に入試があった日などは、

疲れてしまって家に帰って

休みたい気分になることがあります。

そんなときでも僕は必ず東進に行くように

していました。

勉強の悩みは勉強でしか解決できません。

試験の手応えが悪くても、東進に来て勉強を

することでしか次の試験に活かす方法はありません。

これまでやっていた勉強の習慣を

一度でも崩してしまうと、

サボってしまった罪悪感で勉強のやる気が

さらに低下するという悪循環に陥ってしまいます。

 

いつもやっている習慣は崩さないということ

が入試期間においては非常に重要ですね!

 

入学試験を最高のパフォーマンスで迎えられるように、

日々の習慣を意識して生活しましょう!