受講と演習の比率 | 東進ハイスクール 金町校 大学受験の予備校・塾|東京都

ブログ

2022年 9月 3日 受講と演習の比率

こんにちは!担任助手の和田です。

最近雨が続いていて気温がぐっと下がりましたね。

日によって気温の変化も大きいので、

風邪をひかないように気を付けていきましょう!

秋の味覚でもあるさつまいもはビタミンCも

多く含まれていて免疫力アップに最適らしいです。

ぜひ積極的に食べてみてください!

今日は「受講と演習の比率」についてお話していきます!

みなさんは、受講が終わった後に、その分野について

わかった気になって模試を受けてみたら全く分からなかった、、

という経験をしたことはありますか?

もちろん、受講だけでは成績は伸びません!!

それでは、インプットとアウトプットの最適な比率はいくつなのでしょうか?

コロンビア大学の心理学者アーサー・ゲイツ博士の、

100人以上の子供たちに人名図鑑に書かれた

人物プロフィールを覚えて暗唱させた実験があります。

各グループでインプットとアウトプットの割合を変化させたところ、

最も覚えられたのはインプット:アウトプット=3:7だったそうです。

思うように成績が伸びないのは、

インプットが過剰になり演習が不足しているからかもしれません。

受講と並行して高速基礎マスターや計算演習、過去問も進めましょう!

みなさんもこの黄金比率を意識して勉強することで、

効率的に学習を進めていけるといいですね!