共通テスト対応模試について | 東進ハイスクール金町校|東京都

ブログ

2019年 2月 10日 共通テスト対応模試について

こんにちは、氏原です。

本日は共通テスト対応模試が行われました。

共通テストとは、現在ほとんどの受験生が受験している大学入試センター試験に変わる新しい試験のことです。

教育改革の1つとして行われるこの試験は、現在のセンター試験とはかなり異なります。

 

例えば、現在のセンター試験では英語はReading,Listeningのみが扱われていますが、

共通テストは教育改革の方針にのっとり、Writing,Speakingの内容が入ってくるかもしれません。

少なくとも、大学個別の入試でもそのような風潮になると考えられます。

そこで、今の新高校1,2年生は英語は「読む」「聞く」だけでなく、「話す」「書く」練習も必要になると覚えておくように!

日頃からの単語の暗記、音読を日々継続することで力になっていきます。頑張っていきましょう!

 

また、数学は計算力だけではなく、文章を読み取る力が必要になっていきます。

文章題で初めて目にした問題を、自分の知っている知識を活用して解けるようにする問題です。

国語に関しても、資料から問題を解く鍵となる情報を見つけ出す力が必要になっていきます。

記述で解答する問題が採用されたため、自分の解答をうまく文章として簡潔にまとめる力は必須です。

答えを覚えるのではなく、深い理解が必要です。

 

英語と同様、毎日の積み重ねが大きな成長へと繋がっていくため、ここからの積み重ねが大事です。

思考力を鍛えるためにも、学校の授業から能動的に学んでいくべきです。