全国統一模試まで・・・・・・ | 東進ハイスクール金町校|東京都

ブログ

2016年 9月 30日 全国統一模試まで・・・・・・

 

こんばんは、大久保です。

みなさん、全国統一高校生テストがいつだったか覚えていますか?

そう、10月30日、ちょうど1ヶ月後です!

とういうことで、今回は改めて、模試を受けるにあたって知っておいてほしい魅力について話します!

 

1.不測の事態に対処できる

本番の試験では、何が起こるかわかりません。全く歯が立たない問題が出たり、隣の人が貧乏ゆすりをしていたり、咳をしていたり、筆記用具を落としてしまうかもしれません!こんなときに慌てず、平常心をもって試験に望むことができるように模試では「慣れる」ことが出来ます!

2.時間感覚を養える
英語では  80分、国語は80分、数学は60分など長い時間、多くの問題に取り組まなければなりません。時間配分の仕方、どのくらい時間をかけたら次の大問に進まないと間に合わないかなど肌で感じることができます。自分一人でやっていては味わえない感覚です。

3.形式に慣れることが出来る
センター試験はマーク式で、問題の導くとおりに解いていかないと解答しづらい問題があります。選択肢の選び方や効率のいい解き方など、センターならではの問題への取り組み方を研究することが出来ます。

4.見極める力を養える
問題を順番通りに全部解いていこう、後になるほど段々難しくなっていくのだろうとしまいがちですが、実際そんなことはありません。時間を取られる問題を飛ばした方が最終的に得点に繋がることがあります。手こずって取れるはずの点数を落としてしまってはもったいないです。問題を「見極める力」を養い、自己最高得点を更新していきましょう!

 

また、普段はセンター本番レベルという事で受験生も高二生、高一生も含めた順位しか出ませんが、全国統一テストは受験者全員での結果はもちろん、各学年での順位や偏差値がでます。

同じ時期に闘いライバルとなる受験者と自分を比べ、高めていけるこの模試を最大限活用し、目標に近づいてください!