センター過去問演習の正しい使い方について | 東進ハイスクール金町校|東京都

ブログ

2018年 7月 8日 センター過去問演習の正しい使い方について

 
こんばんは、湯澤です!
 
定期テスト期間で忙しい人もいると思いますが、これを乗り越えれば夏休みです!!
受験勉強にも余裕が出てくると思うので、頑張りましょう(ง •̀ •́)ง✧
 
 
さて、今回はセンター過去問演習の正しい使い方について紹介していきたいと思います。
 
皆さんはセンター過去問演習を計画的に進めていますか?
 
東進では夏休みが終わるまでに、10年分×2周を目標にしています。
 
なぜこの時期にセンター過去問をそんなにやらなければならないのか。
 
 
それは9月から二次試験の対策を進めなければいけないからです
 
二次試験の問題は基本的にセンター試験よりもレベルが高いです。
 
センター試験で点数が取れなければ、二次試験対策を進められないことになってしまいます。。。
 
 
そうならないためにも!
今からセンター試験の研究を進め、どうすれば点数を上げることができるか考える必要があります!!
 
どんどんセンター過去問演習に取り組んでいきましょう!
 
 
しかしここで注意点です。
 
ただセンター過去問演習をするだけにならないでください。
私は受験生の夏休みにひたすら過去問を取り組みましたが、成績が思うように伸びませんでした。
 
理由は研究や復習が不十分で、苦手な範囲の改善をすることができなかったからです
 
それがわかってから対策を進めることで、成績を伸ばすことができましたが、夏休みで結果を出すということは大事なことです。
 
 
センター過去問演習を計画的に取り組み、目標を持って、夏休み後の模試で必ず結果を残しましょう!!!