センター試験までの時間の使い方(国立編) | 東進ハイスクール金町校|東京都

ブログ

2016年 12月 23日 センター試験までの時間の使い方(国立編)

こんにちは、担任助手の山野です!

明日は受験生にとって最後のセンター試験レベルの模試になりますね。

センター試験本番まで見てもあと3週間です。

国公立大学を志望している受験生にとってこの3週間はセンター試験の対策がメインとなります。

センターでこけたら元も子もないですからね。

残り時間が少ないので、明日の模試をもとにして本番で自分が合格するための点数に持っていくためにはどの科目に時間を割くべきなのかを厳密に考える必要があります。

またセンター対策だけをしていればいいわけではないです。

ここまでで併願校の対策が全然できていない人。まず抑えの大学の過去問を解いていない、得点率がよろしくない。

この場合はセンターメインでやりつつ、私大過去問演習をしていきましょう。年内にやりきるつもりでいたほうがいいです。

1月に入るとセンター残り2週間とそちらに気をとられ集中できなくなります。

センターが終わってから私大の対策には十分には時間をかけられないので、センター利用で抑えを取ろうとしている人も万が一のために一般の対策もやっておきましょう。

ここからの3週間でも点数は伸ばせます。僕も実際に12月模試から本番で合計80点ほど点数のばせています。

最後まで目標を高く持ち結果にこだわってやりきることです。

本番の時、これだけやって無理ならどうしようもない、と言えるだけの努力を残り時間で積み上げてください!