☀私立文系の夏☀ | 東進ハイスクール金町校|東京都

ブログ

2018年 8月 17日 ☀私立文系の夏☀

 
こんばんは、湯澤です。
 
今日は、いつもより涼しくて爽やかな一日でしたね\(^o^)/
 
暑がりの僕にはちょうど良かったです(笑)
 
 
さて、今回は「私立文系の夏」というテーマでブログを書かせていただきます!
 
私立文系の受験科目は、基本的に英語・国語・社会になっています。
 
 
そのため、国立受験者の人と比べると受験科目は少なくなります。
 
それを聞いて…
「めっちゃ余裕じゃん!!よかったー。」
…なんて感じちゃっている人。。
 
とんでもない勘違いをしています( ̄▽ ̄;)
 
 
現在、私立文系で受験に挑む受験生が一番多いと言われています。
 
そのため競争率がとても高いです。
 
昨年、私立の絞り込みが進んだ影響で、本来合格するはずの学力があっても、不合格になってしまうという現象が起こりました。
 
今年は昨年よりも更に加速すると言われています。
 
それを聞いて安心なんかしていられませんね。。
 
 
そんな状況で合格を勝ち取るために必要なことは、この夏でどれだけ努力するかだと思います。
 
私立文系で受験科目が少ないからといって、学習時間を減らしている人は合格しません。
 
 
私大の赤本を解いてみればわかると思いますが、特に文系科目では細かい知識が問われます。
 
この夏休みでどれだけ知識量を増やすことができるかが、合格するための鍵になります。
 
学校が始まってしまえば、自習をする時間が確実に少なくなります。
 
残りの夏休みを有意義に使うことが合格への近道です。
 
知識の再インプット、過去問演習、自己分析等、やることは沢山あるはずです。
 
多くの受験者の中から合格を勝ち取るためにも、とにかく知識量を増やす努力をしてください。
 
 
英語の文法や社会の用語など、まだまだ基礎が固まっていない人は、残りの夏休みで必ずマスターしよう!
 
 
夏休みも後半戦です。
 
8月センター試験本番レベル模試で、最高得点を叩き出せるように全力で努力しましょう。
 
応援しています(ง •̀ •́)ง✧