校舎の様子 | 東進ハイスクール金町校|東京都

校舎の様子

校舎長の言葉

東進ハイスクール金町校 校舎長 大室 祐介

東進ハイスクール金町校校舎長の大室祐介と申します。「独立自尊の社会・世界に貢献する人財を育成する」、これが東進ハイスクールの教育目標です。大学受験は多くの高校生にとって、これまでの人生の中で最も努力を必要とする、人生の転換点となります。その中にあって英語や数学などの科目を勉強するだけでなく、「第一志望に合格するために何をどうしたら良いか」「部活動との両立をどのようにすれば良いか」「あと1点、伸ばすために何をすれば良いか」という“受験勉強の仕方”を考え、判断・実行し、また自分自身の将来と向き合う事で人間的に大きく成長してもら
いたく思います。高校生の皆さんには、これから自分の将来を切り開いていける大きな可能性があります。金町校には毎日通いたくなる校舎環境と、皆さんを全力でサポートするスタッフが揃っています。大きな夢・志を持って、一緒に頑張っていきましょう。皆様のご来校を心よりお待ちしております。

東進ハイスクール金町校は人情溢れる下町にあり、人と人との「繋がり」を大切にしている校舎です。校舎スタッフと生徒との距離が近く、周りのライバルや仲間の存在を常に生徒に意識させながら、熱心で誠意ある指導を行っています。さまざまな部門のランキングを作成し、校舎内に掲示したりして、スタッフと生徒とのコミュニケーションが取りやすくなるよう心がけています。部活生も多く、練習の後でも校舎に来て閉館時間まで机に向かって集中している生徒の姿が多く見られます。スタッフ・生徒が1つのチームとなって、志望校に向かって進んでいく校舎です。

校舎の様子校舎の様子校舎の様子

担任助手の紹介

大沼 麟太郎 くん 千葉大学 工学部
私立共栄学園高校 卒 ソフトボール部 東進ハイスクール金町校 OB
大沼 麟太郎 くん 千葉大学 工学部
担任助手として一言
受験期は、ただ、勉強をするだけの期間ではなく、自分と向き合える期間でもあります。成績が伸びずに辛く、苦しい時期もありますが、志を持って一生懸命努力すれば必ず道は拓けます。私たち担任助手一同もグループミーティングなどを通して、精一杯サポートさせていただきます。みなさんも東進に来て一緒に合格を勝ち取りましょう。
西野 名奈恵 さん 成蹊大学 理工学部
私立順天高校 卒 少林寺拳法部 東進ハイスクール金町校 OG
西野 名奈恵 さん 成蹊大学 理工学部
担任助手として一言
成蹊大学理工学部物質生命理工学科に通っている西野です。高校では、少林寺拳法部に所属していて、部活一色の高校生活を送りました。私は、受験生の時に色々な人に助けてもらい大学受験を乗り切ることが出来ました。私も自分がしてもらったように、少しでも皆さんの力になれたらと思っていますので、全力でサポートをしていきます。よろしくお願いします。
竹内 龍之介 くん 法政大学 法学部
都立墨田川高校 卒 サッカー部 東進ハイスクール金町校 OB
竹内 龍之介 くん 法政大学 法学部
担任助手として一言
成績が上がらず、勉強が嫌になったり、分からないことが多くて不安になることもあると思います。しかしそこで挫折して受験を諦めてしまうのはとてももったいないです。悔いの残らない受験にするために一緒に頑張りましょう。困ったことがあれば何でも相談にのるので、ぜひ東進に足を運んでみて下さい。

→もっと見る

佐久間 太朗 くん 明治大学 政治経済学部
埼玉県立越谷北高校 卒 東進ハイスクール金町校OB
佐久間 太朗くん 明治大学 政治経済学部
担任助手として一言
大学受験という大きな壁の前に漠然とした不安を抱えている方も多いのではないでしょうか?もちろん、私自身も受験生だった当時はそうでした。しかし、グループミーティング等の東進のシステムや仲間たち、先輩担任助手の支えのおかげでその壁を乗り越えることができました。そして、その経験をもとに、今度は私がみなさんの手助けをさせていただきます。精一杯、みなさんの支えになれるよう努力しますので、共に第一志望校合格へ向けて頑張りましょう!
大林 あみ さん 学習院大学 国際社会学部
修徳高校 卒 テニス部 東進ハイスクール金町校 OG
大林 あみ さん 学習院大学 国際社会学部
担任助手として一言
私は受験生の時、勉強が嫌で何度も投げ出してしまおうと思いました。みなさんもこれから受験勉強を進めていく過程でそのように思うことがあると思います。しかし、みなさんは1人ではありません。支えてくれる保護者の方や友達がいます。私たち担任助手もみなさんの志望校合格を全力でサポートします。つらい、苦しいと感じたらいつでも相談してください。一緒に頑張りましょう!
氏原 裕貴 くん 千葉大学 工学部
都立小松川高校 卒 ボート部 東進ハイスクール金町校 OB
氏原 裕貴 くん 千葉大学 工学部
担任助手として一言
誰もが大学受験において困難にぶつかります。僕も何度も辛い時がありましたが、担任助手の方々がサポートしてくださったおかげで合格できました。今度は僕がみなさんが無事大学受験を乗り越えて第一志望校に合格できるように全力でサポートしていきたいと思います!一緒に頑張りましょう!!
伊藤 将利 くん 法政大学 経済学部
私立東京聖徳大学高校 卒 陸上部 東進ハイスクール綾瀬校 OB
伊藤 将利 くん 法政大学 経済学部
担任助手として一言
正直、受験勉強は苦難の連続であり精神的にもとても辛かったことを今でも覚えています。しかし、東進ハイスクールの先生や仲間たちがいてくれたお陰で乗り越えられることができました!そして、これからは金町校の担任助手として全身全霊でみなさんのことを支えていき、一緒に夢を掴んで行きたいと思っています!頑張っていきましょう!
長倉 夏実 さん 埼玉県立大学 保健医療福祉学部
都立墨田川高校 卒 水泳部 東進ハイスクール金町校 OG
長倉 夏実 さん 埼玉県立大学 保健医療福祉学部
担任助手として一言
みなさんは自分の将来の夢や目標はありますか?受験はその夢や目標の実現に向けた通過点であり、自分の将来と向き合うことのできる大事な機会です。また、将来の夢が決まっていない人も、この受験を通じて、様々な試練を乗り越え、成長し、将来の自分の糧にしてもらいたいと思います。受験はつらいこともあると思いますが、悔いのないように自分の最大限の努力をしましょう。私たちも全力でサポートします。
湯澤 佳樹 くん 玉川大学 教育学部
都立小松川高校 卒 野球部 東進ハイスクール金町校 OB
湯澤 佳樹 くん 玉川大学 教育学部
担任助手として一言
今までで1番辛かったことは何かと言われると私は迷わずに大学受験といいます。しかし、受験が終わった立場から言うと本当に貴重な経験だったと思います。辛いことが多かったからこそ、乗り越えた達成感は大きかったし、両親や東進のスタッフの方々に支えてもらったことは感謝しきれません。未熟ではあると思いますが、みなさんの大学受験が満足するような結果になるように全力でサポートしていきたいと思います。よろしくお願いします!
山野 瑞生 くん 筑波大学 理工学群
都立墨田川高校 卒 野球部 東進ハイスクール金町校 OB
山野 瑞生 くん 筑波大学 理工学群
担任助手として一言
大学受験はただ勉強ができるようになるためのモノではないです。第一志望校や模試での得点など目標を設定し、達成するために時には挫折をしながら全力で努力する。大学受験以上にこうした経験を得ることのできる機会は今後そうないです。またこの受験をやり切れたかどうかがその後の人生での大きな自信につながります!この一生に一度のチャンスを一緒につかみに行きましょう!
佐塚 亮 くん 東京理科大学 経営学部
修徳高校 卒 放送部 東進ハイスクール金町校 OB
佐塚 亮 くん 東京理科大学 経営学部
担任助手として一言
僕は生徒時代、東進の冬期合宿というイベントに参加し様々な人と出会い、人として成長することが出来ました。それからの受験勉強は学力を伸ばすと共に自分自身が成長出来るよう東進で勉強しました。 皆さんも今いるコミュニティーで満足することなく、東進で多くの人の価値観を知り、自分を向上させていきましょう。私たちはそんな皆さんを全力で、サポートしていきます!
佐々木 光 くん 武蔵野大学 教育学部
都立墨田川高校 卒 サッカー部 東進ハイスクール金町校 OB
佐々木 光 くん 武蔵野大学 教育学部
担任助手として一言
自分の高校時代を振り返ると、サッカー部や体育祭応援団、文化祭等で一緒に頑張ってきた仲間と築き上げた3年間は本当に濃いものだったと感じます。受験生活は家族や友人、先生、東進のスタッフ、たくさんの人に支えられてきたからこそ、頑張ってこれました。将来は学校の先生を目指しているので、多くの生徒と接していく中で、生徒の成長を支えながら頑張っていきたいと思います!これからの受験生活は上手くいくことも上手くいかないこともたくさんあります。目の前の目標に対して努力できるように、一緒に頑張りましょう!

校舎イベント紹介

特別公開授業

特別公開授業

年に2〜3回行なわれる「特別公開授業」は、普段画面上でしか目にしない講師の先生と生徒とが直接触れ合えるまたとない機会です。授業内容もさることながら、普段のt-POD授業では聴けないモチベーションを高められるような話が聴けたり、その時期ごとに必要な学習内容を具体的に分かりやすく説明してくれたりします。「自分たちのイベントは自分たちで創る」を合言葉に、特別公開授業前は生徒たちが実行委員会を結成し、スタッフのサポートのもと、準備から運営までを生徒たちが主体となって実施します。「受け身」のイベントではない、生徒の協調性と自主性を伸ばす東進らしいイベントの1つです。

塾内合宿

塾内合宿

普段の授業はt-PODによる個別学習ですが、年に数回、学年の垣根を超えて集団で学習する「塾内合宿」を行ない、非常に長い時間を通して勉強をします。この塾内合宿では、共に競い合うライバルや励まし合う仲間を見つけることも出来ますし、合宿内で行なうディスカッションは、参加した生徒にとって今勉強していることの本質を探る絶好の機会にもなっています。この塾内合宿を通じて、「受験勉強は自分ひとりでするものではないし、自分ひとりのためにするものでもない」ということを多くの生徒が実感しています。生徒同士、スタッフと生徒の距離がぐっと縮まるイベントです。

※t-PODとは、toshin-Preparatory school On Demandの略。単に映像授業を受講できるというだけでなく、合格するために必要な東進の全コンテンツ(授業・確認テスト・修了判定テスト・高速基礎マスター講座など)を活用できる最先端の教育システム。

勉強法説明会

勉強法説明会

限られた勉強時間は有効に使いたいもの。そんな生徒の願いをかなえるために開催するのが勉強法説明会です。主に長期休暇前や学年の切り替わりの時期に行う説明会ですが、今の自分の苦手分野や必要な勉強がわかります。自分の志望大学に向けてどれくらい勉強すればいいのかを再確認し、目標に向けて気持ちを固めることが出来るイベントです。これから何を、どのくらい勉強したらよいかを知りスタートを切ることで、自分の実力を着実にアップすることが出来ます。