ブログ | 東進ハイスクール金町校|東京都

ブログ 

2017年 9月 20日 ビジネス英語について

 

 

こんにちは。 氏原裕貴です。

今日はビジネス英語について話したいと思います!

「ビジネス英語」は主に TOEIC(L&R)に特化した英語力を上げるためのコンテンツです!!

まず皆さんに聞きたいことがあります・・・

「皆さんは将来英語が必要になると思いますか?」

私は迷わずYesと答えます!

現在グローバル化が進んでいるのはよく聞きますよね。

それは、日本と外国との壁がなくなってきていることだと思います。

つまり5年後には外国に行くのが当たり前のようにいるはずです。

逆に外国の人が日本に来ることも増えてくるはずです。

そんな社会になるので英語が話せることが自分の武器ではなく、当たり前のステータスになります。

それにも関わらず、英語が話せないままの人は自分の可能性を狭めてしまいます。

しかし、英語を一人で勉強していくのはとても大変だと思います。

また、大学の授業で英語力を向上させていこうと思っている人も多いと思いますが、

大学の授業だけでは時間がかかりすぎてしまい、結局自分で勉強することになるでしょう。

その結果、私はビジネス英語を選択しました。

ビジネス英語では映像授業なので短時間でどこでも受講できる状態です。

ですので隙間時間をうまく活用して勉強を進めることができます。

みなさんも大学に入ってから以降の勉強を考えてみて自分の将来の可能性を広げられるように努力していきましょう!!

 

2017年 9月 19日 英語の重要性

 

 

こんにちは、佐々木です!

時間が過ぎるのはあっという間ですね!みなさん、過去問演習、受講、高速基礎マスターに日々励んでいるかと思います!

しっかりと計画を立てて、やるべきことをこなしていきましょう!!

さて、今回のテーマは「英語の重要性」です!

みなさん、日々何のために英語を勉強していますか??聞くまでもなく大学受験のためと答える人がほとんどかと思います。

今はもちろん、目先の大学受験のため頑張る必要があります!

しかし、英語は将来必要不可欠なものとなります。それはどの職業に就くにしても英語は関わってくるからです!

例えば、一般企業に就職する際にTOEICのスコアが一定数ないと入れないところもあります。企業に就職して、働いている人のほとんどが海外から来た人というケースも珍しくありません。

その際に必ず英語の能力が求められます。就職活動する際にも英語の能力があるか重視されます。

また、自分は小学校教員を目指していますが、一見、小学校教員は英語が必要ないようにも感じられますが、今後英語の4技能が重視されるため小学校教員に英語の能力が求められます。

実際に教員採用試験の際にもTOEICや英語検定が重要視されます。

受験生の皆さんは今は大学受験のことで頭がいっぱいだと思いますが、将来について今一度考えていってほしいと思います。

将来英語が必要になることを前提として英語の勉強に励んでいってほしいかと思います!!

2017年 9月 18日 【高1、2生向け】合格設計図作成会実施しました!

こんにちは、山野です。

昨日今日と高1、2生向けに合格設計図作成会を実施しました。

合格設計図とは?

大きく分けて

志・志望」、「目標設定」、「学習計画

の3ステップになっています。

今回はこの中の目標設定学習計画の部分に焦点を当てて説明、実行しました。

目標設定では、第一志望校に対して配点はどうなのか合格平均点合格最低点は直近3か年見たときにどうか、各科目どのような問題が出されているか難易度は、これらのことを踏まえて自分がどれだけの点数を取って合格するのかを調べて考えます。

学習計画では、立てた目標を達成するために、いつまでに何をどれくらいやっていくのか。先々の学校行事や部活なども踏まえて計画を立てていきます。

こういったことを考えるのはまだ早いと感じる人も多くいるかと思います。

しかし現実問題、入試まで高校2年生なら残り1年と4か月程度しかないです。

センター試験の点数なんかは高3の8月で相応の点数が取れなければ、そこからの2次私大対策に移行できずに基礎固めをしなくてはいけません。

そうなった場合、最も時間をかけていく必要がある各大学の過去問演習に割ける時間がなくなり合格可能性が著しく落ちていきます。

勝負は高校2年生の間です。高3の4月になれば半数以上の受験生が動き出すタイミングとなり差をつける縮めることが難しくなります。

自分が行きたい、学びたいと思える大学に受かるために最高のスタートを切っていきましょう!

 

2017年 9月 17日 赤本の活用方法

こんにちは、西野です。

台風が近づいていて雨が強くなってきていますね…

さて、今日は赤本の活用方法」について書きたいと思います。

ところで、みなさんは自分の志望校の出題傾向、試験時間、大学情報についてどれくらい把握しているでしょうか?

実際に志望校の過去問を解いたことはありますか?

夏休みも終わり、インプットはあらかた終わっているはずです。これからはアウトプットとして志望校別の対策をしていかなくてはなりません。

そのために、過去問を解いてその大学の問題に慣れる意味で赤本を活用してください。

まず、実際に試験時間内で解いてみて、時間が足りない場合は、時間内にどこまで解けたかを印などをつけておいて、時間無制限で一通り解いてみましょう。

それで、自己採をして、グループミーティングなどで配られている「過去問研究シート」に自分なりの分析を行いましょう。

そこで、解いた過去問の復習を行うことは必ずやりましょう。

その後、自分が解けない問題などが表れてくると思うので、その分野を参考書や受講のテキスト、教科書などを使って演習や復習をしましょう。

そのサイクルは崩さないようにしてください。

もし、フィードバックの仕方や復習の仕方、解く順番やペースが分からなかったら遠慮せず、担任助手に聞いてください。

また、第一志望校の過去問は10年×2周しましょう。

2周行うのは、正しいプロセスを出せるかの練習になるからです。

時間が経ってからもう一度解いて点数が変わらなかったら、復習が十分でないし、復習の仕方がおかしいことになります。

また、意外なことですが、同じような問題はもう一度出題させることがあります。

10年×2周行う上に、第2志望校以降の過去問も解かなくてはならないため、ものすごく時間がかかります。

なので、受講や参考書を解くのも大切ですが、毎週1年分、どこかしらの過去問演習を行いましょう。

これからは1分1秒も無駄にはできません。

文化祭も終わってくる学校も多いかと思うので、気持ちを切り替えて頑張りましょう!!

 

2017年 9月 16日 私の大学生活 ~伊藤編~

みなさん、こんにちは担任助手の伊藤です。

台風が近づいてきて、雨が降りそうな一日ですね。 

天気が悪いとなんだか気持ちが沈んでしまいます泣

週末になると、文化祭が多くの高校で開かれると思います!!

せっかくの学校行事なので、本気で楽しんでくださいね!!

私も、来週には母校の文化祭が行われるのでお邪魔したいと思います!!

そして、本日のブログは私の大学生活について書かせていただきたいと思います。

私が通っているのは、法政大学経済学部国際経済学科です。

ついに、明後日から後期がスタートします。

大学の友達と会うのが楽しみで仕方ありません!!

また、様々な学習ができることも楽しみでもあります。

私が日々学んでいるのは、やはり経済学部なので8割方経済に関することですが

英語や中国語といった言語学習や、心理学や日本史などの選択科目などとて充実していて勉強し甲斐があります!!

自分が勉強したいことが好きなだけ学べるのが大学の強みだと考えています。

みなさんも、それを楽しみにしていてくださいね!!

そのためには、やはり日々毎日学習することがカギとなります。

学習する前に、計画を立てそれをひとつひとつ達成することが志望校合格へのカギとなるのです!!