3月31日までに英語にケリをつけなければならない理由 | 東進ハイスクール金町校|東京都

ブログ

2018年 2月 14日 3月31日までに英語にケリをつけなければならない理由

こんばんは、湯澤です。
 
本日は新高3生が3月31日までに英語にケリをつけなければならない理由について紹介したいと思います。
 
 
渡辺勝彦先生がよくこの言葉を発していますが、何故なのか考えてみましょう。
 
英語という科目は単語・熟語・文法の基礎を固めていないと、成績を伸ばすことができません。
 
基礎を固めてから過去問演習に取り組むことで、少しずつ成績が伸びるのです。
 
 
 
英語は夏休みから本気を出せばいいと考えていると、成績がすぐには伸びないので、受験本番に間に合わなくなってしまいます。
 
そして、英語の対策に力を入れてしまうため、他教科の対策ができずに本番に望むことになってしまいます。
 
みなさんには余裕を持って大学受験に望んでほしいと考えています。
 
 
そこで!!英語を完成させるために何をやるべきなのかお伝えしたいと思います!
 
まず高速基礎マスターの単語・熟語・文法を早急に完修させましょう。
 
英語の点数を上げるためにはこの3つの分野を完成させることが必要不可欠です。
 
実際に高速基礎マスターの完修の時期によって、本番の点数状況が変わってきます。
 
 
集中すればできないことはないと思います。
 
 
しかし本気にならなければ、いつまでも完修させることができません。
 
いつまでに完修させるか予定をしっかり立て、英語を3月31日までに完成できるように、基礎をしっかり固め、演習に取り組みましょう!
 
 
私たち担任助手も全力でサポートするので、困ったことがあったらいつでも相談してください!!