赤本の活用方法 | 東進ハイスクール金町校|東京都

ブログ

2017年 9月 17日 赤本の活用方法

こんにちは、西野です。

台風が近づいていて雨が強くなってきていますね…

さて、今日は赤本の活用方法」について書きたいと思います。

ところで、みなさんは自分の志望校の出題傾向、試験時間、大学情報についてどれくらい把握しているでしょうか?

実際に志望校の過去問を解いたことはありますか?

夏休みも終わり、インプットはあらかた終わっているはずです。これからはアウトプットとして志望校別の対策をしていかなくてはなりません。

そのために、過去問を解いてその大学の問題に慣れる意味で赤本を活用してください。

まず、実際に試験時間内で解いてみて、時間が足りない場合は、時間内にどこまで解けたかを印などをつけておいて、時間無制限で一通り解いてみましょう。

それで、自己採をして、グループミーティングなどで配られている「過去問研究シート」に自分なりの分析を行いましょう。

そこで、解いた過去問の復習を行うことは必ずやりましょう。

その後、自分が解けない問題などが表れてくると思うので、その分野を参考書や受講のテキスト、教科書などを使って演習や復習をしましょう。

そのサイクルは崩さないようにしてください。

もし、フィードバックの仕方や復習の仕方、解く順番やペースが分からなかったら遠慮せず、担任助手に聞いてください。

また、第一志望校の過去問は10年×2周しましょう。

2周行うのは、正しいプロセスを出せるかの練習になるからです。

時間が経ってからもう一度解いて点数が変わらなかったら、復習が十分でないし、復習の仕方がおかしいことになります。

また、意外なことですが、同じような問題はもう一度出題させることがあります。

10年×2周行う上に、第2志望校以降の過去問も解かなくてはならないため、ものすごく時間がかかります。

なので、受講や参考書を解くのも大切ですが、毎週1年分、どこかしらの過去問演習を行いましょう。

これからは1分1秒も無駄にはできません。

文化祭も終わってくる学校も多いかと思うので、気持ちを切り替えて頑張りましょう!!