私立一般入試の思い出 | 東進ハイスクール金町校|東京都

ブログ

2017年 2月 11日 私立一般入試の思い出

こんにちは、担任助手の佐々木です!

今回も私立一般入試の思い出を話したいと思います。 

2月ということで皆さん、私立入試が本格的にスタートしていますね!調子はどうですか??

中には3日間連続で試験だったりする人もいるのではないでしょうか??自分も3日間連続の試験が2回ほどありました・・。

今、思うと3日間連続は本当に大変でしたね(笑)

受験生当時の一年前の自分の体験談を話していきたいと思います!

自分は将来の夢が学校の先生になることだったので全て教育系の学部を受けました。実は一番最初の試験はセンター試験一週間後の土曜日に受けました。

そこは完全に押さえの大学だったのでセンター後ということもあり、リラックスして受けることが出来ました。

その後2月の初めから再び試験が始まりました。2月初めから3日間連続の試験が始まりました。

1月に受けたところとは規模も大きく、周りの雰囲気に飲み込まれそうになりました・・。

自分はそこでなかなか良い結果を出すことが出来ずに終わってしまいました。

自分は現在、武蔵野大学教育学部に通っていますが、武蔵野大学の試験は2月の中旬にあり、そこでは試験の雰囲気に慣れたこともあり、試験の出来も良かったです!

自分は第1志望の文教大学教育学部には届かずに終わり、最終的には武蔵野大学教育学部、東洋大学文学部初等教育学科に合格しました。

今、考えたら合格したところは雰囲気に圧倒されずに落ち着いて臨むことが出来たなと思いました。

私立の入試はセンター試験と違ってその大学を受ける意志のある人が集まってるわけですから

緊張しないことはほぼないと思います。自分の今まで培ってきた力を発揮する事もちろん大切ですが、会場の雰囲気に飲み込まれないようにする事も大切です!

今までやってきた自分を信じることが大切です!

現役生の皆さんは最後の最後まで実力を伸ばしていくことが出来ます!

受験が終わった後には華々しい大学生活が待っていることでしょう!!

最後まで頑張ってください!!校舎から応援しています!!