担任助手の将来の夢~氏原編~ | 東進ハイスクール金町校|東京都

ブログ

2017年 6月 11日 担任助手の将来の夢~氏原編~

 

こんにちは!氏原裕貴です。

最近気温の寒暖差がはげしいですね。体調をくずさないように気をつけましょう。

今日は将来の夢について話したいと思います

私の将来の夢は「手術支援ロボットを作ること」です!

なぜこの夢を志すようになったかというと、中学生のときにみたテレビ番組がきっかけです。

その番組では、医療の地域格差を取り上げていました。

その内容については、

「手術を必要としている女性がいました。その女性は地方に住んでおり、手術の出来る医師のもとへ行くにはかなり体に負担がかかるため手術を受けることを断念してしまいました。」

という内容です。

私はその番組を見て医療の地域格差をどのように改善すればよいかを考えました

そこで私の頭に一つのアイデアが浮かびました。それが「遠隔操作の出来る手術支援ロボット」です。

遠隔操作が出来るなら、例えば東京にいる医師が北海道にいる患者の手術をロボットを通してする事も不可能ではないはずです。

さらに技術改良すれば、日本より国土の広い国にも使えるようになるはずです!

私はこの夢を実現するために今通っている千葉大学工学部医工学コースを志望して、受験勉強を頑張りました。

自分の夢のためなら誰でも必死になれるはずです。受験勉強も自分の夢をかなえるために頑張っていきましょう!!