大学の入試について | 東進ハイスクール金町校|東京都

ブログ

2018年 2月 11日 大学の入試について

こんにちは、佐々木です。

最近暖かい日が続いていますね。気温差が激しくなるので体調管理をしっかりしましょう!

さて、今回は大学の入試についてお伝えします。

まず、皆さんもよく知っているセンター試験です。

センター試験はマーク形式の問題になっていて、基礎ができていれば6割は取れるようになっています。

また、センター試験は教科書の問題から出題されます。ですので高1,2生でも解ける問題が必ずあります。

センター試験と聞くと難しいイメージがあるかもしれませんが、基礎を徹底して学習していけば点数に結び付くもののになるので苦手な科目に関しても得意な科目に関してもまずは基礎の部分を確認していきましょう!

また、私立一般入試・国公立二次試験は一言でいうと応用問題となります。

マークのものもありますが、記述問題よく出題されます。

教科書レベルでは対応できない問題もよく出題されます。

このレベルを解くためにはセンター試験レベルの問題をマスターしておかなくてはなりません。

そのため高3の夏までにセンター試験で志望大学の目標点を突破しておかなくてはなりません。

高3、9月には本格的に一般入試・二次試験へ向けて演習していかなくてはなりません。

よく間違えがちですが、センター試験の目標点突破は高3・8月がマストです!

なので新高3の皆さん、センター試験は残り6か月で固めなくてはなりません!

大学入試についてまずは知識を得ることが重要になるかと思います。