受験生の激励の言葉 | 東進ハイスクール金町校|東京都

ブログ

2018年 1月 5日 受験生の激励の言葉

こんにちは、氏原裕貴です。

今日はセンター試験まで残り約1週間となった受験生に向けて、ささやかながら激励の言葉を送りたいと思います。

 

突然ですが、君たちがこの東進ハイスクールに入った時を思い出してください

「そろそろ受験勉強をやらないとまずい」とか、「学校の成績を上げたい」などいろいろな理由があり、そのために勉強を頑張ってきたと思います。

動機はなんにせよ、今までの頑張りは全て直前に迫っている大学受験に繋がっています

時には勉強をするのが辛かったり、成績が上がらずにとても悩んだりと、挫折を経験してきたと思います。

それを越えて、目の前に控えている大学受験を乗り越えようとする君達は素晴らしいと思いますし、同時に誇らしいです。

だからこそ、私はみなさんに自信を持ってもらいたいです。

 

「自信なんて持てない!」って言う人もいると思います。でも比較してみてください。

東進に入りたての自分と、今の自分を。

必ず成長していると思います。

勉強を通して自分と向き合い、担任助手や担任の方々と一生懸命に走ってきた今までが何よりの証拠です。

過去問演習を10年分もやる受験生は君達くらいしかいません!

君達が自信にすべきなのは圧倒的な積み重ねの量!!

まだやりきれてない人は、残り期間で出来うる最大の量をやりきろう!

きっとその頑張りが、君達を本番で支えてくれるはず!!

自信を持っている人が試験本番でもいつも通りの、それ以上の実力を試験で発揮できると私は思います。

 

最後に・・・

周りに応援してくれている人、期待してくれている人はいますか?

保護者の方であったり、私たち担任助手、担任であったり、友達であったりと様々ですよね。

その人たちの応援、期待を背負って大学受験を戦いきってください。

重荷に感じる人もいると思いますが、それを背負えるだけの人間になった自分に自信を持ってください!

頑張っている人にしか応援も期待もしません。

それらを全て力に変えて本番に臨むように!

それらに応えられるように最後まで全力でやりきるように!!

以上、僭越ながら激励の言葉とさせていただきます。「頑張れ」なんて無責任なことは言いません。

一緒に戦い抜こう!

最新記事一覧

過去の記事