努力することと無理することの違い | 東進ハイスクール金町校|東京都

ブログ

2017年 12月 27日 努力することと無理することの違い

今年が4日で終わることに気づき、1年があっという間だったと思っている西野です。

あと4日後には2018年です。早いですね…

さて、今日は「努力することと無理することの違い」について書きたいと思います。

受験生のみなさんはきちんと睡眠をとっていますか?

人それぞれ必要な睡眠時間は違いますが、平均6時間が睡眠には必要だと言われています。

睡眠時間を削って勉強している人や、不必要に遅くまで起きている人はいますか?

そんな人に向けて言いたいのは、「もしそれで体調を崩して試験を本調子で受けられなくては、今までの努力が水の泡になってしまう‼」ということです。

去年の12月23日、最終センター試験レベル模試の日、私は模試の会場には居れませんでした…

入院直前の胃腸炎になってしまい、ベットの上から動けかなったです…

ほぼ丸5日勉強できませんでした…

そこの時間は本当に無駄になってしまいましたし、センター試験前に何もできなかったことがとても悔しかったです。

しかし、考え方を変えてみると、センター試験の直前でなくて良かったと思います。

なので、本当に無理だけは禁物です。

体調が悪いときは無理せず休むと、しっかりメリハリをつけましょう‼

試験前になればなるほど不安になり、寝れなくなるかもしれませんが、そんなときは周りの人に相談してください‼

我々助手でも全然構いません。

今までの努力を精一杯出せるように、コンディションを完璧に整えましょう‼