一般入試・二次試験に向けた直前期の過ごし方 | 東進ハイスクール金町校|東京都

ブログ

2018年 1月 22日 一般入試・二次試験に向けた直前期の過ごし方

こんにちは、大沼です。

本日は激しい雪ですね。

足元も悪いので、無理せず自宅で受講や高速基礎マスターをしましょう!

風邪なども引かないように細心の注意を払いましょう!

受験生はまさに直前期であり、今の時期の過ごし方次第で入試の結果を左右することも考えられます。

そこで、本日は私の受験期のエピソードを交えつつ、直前期の過ごし方についてお話させていただきます。

直前期は、まず第一に体調に気を使うことが大事です。

入試本番まで体調不良を引きずると本来の力が発揮できない恐れがあります。

私は受験直前期には、少しでも身体の調子に違和感を感じたら勉強をやめて身体を休めるようにしていました。

また、睡眠時間は必ず7時間取るようにしていました。

無理をする時期ではないので、生活習慣を整えるよう努めましょう。

学習面に関しては、基礎事項確認の徹底と今までに解いた過去問の復習を中心に行いました。

私は、化学の一問一答を毎日最低でも一周は確認をしていました。

東進ブックスの一問一答シリーズは、コンパクトで持ち運びに便利なので、昼食やトイレの際の隙間時間に利用できるので非常にオススメです!

ほかにも直前期だからこそ高速基礎マスターで英熟語や文法事項などの確認をしました。

過去問に関しては、あまり解いたことのない問題ばかりを解くのではなく、すでに解いた問題を復習して完璧にすることを意識していました。

手を広げすぎると復習が間に合わなくなってしますので、バランスを考えることが大事です!

また、大学のシラバスなどで大学の雰囲気を想像し、モチベーションを上げていました。

入試本番で最後の最後には気合や気持ちが大事になってきます。

最後まで気持ちを切らさずに頑張りましょう!

 

 
 
 
 
 

 

最新記事一覧

過去の記事