ライバルはいますか?? | 東進ハイスクール金町校|東京都

ブログ

2017年 10月 9日 ライバルはいますか??

こんにちは、東進の山野です。

センター試験まで残り96日、約3か月ですね。

学年問わず受験勉強を戦っていくためには、そのモチベーションを維持していくことが重要であるのは間違いないです。

今日はモチベーションを維持していくための1つの要素として「ライバル」について書いていきます。

みなさん、「ライバル」と呼べるような相手はいますか??

今パッと思いつかなかった人、ぜひ見つけてください。

「進学先のレベルで負けたくない」「英語だけでも勝ちたい」「勉強時間は誰にも負けない」

中身はどんなことでもいいです。何か1つこれだけは…!というものを見つけてください。

ライバルは自分よりも実力が上過ぎても追いつくイメージが持てず挫折してしまいますし、下過ぎても優越感を感じて本気になることができません。

自分と同じか届く範囲にいる上の人を、身の回りから探すことがいいと思います。

志望校合格を目標として頑張っていくことはもちろんのことですが、ライバルの存在はもっと身近な目標として捉えることが出来るはずです。

自分と実力が近い=志望校受験者となりうる存在なので、その人に勝つことは合格に近づくことになります。

実際に僕も受験期には学校、東進にそれぞれライバルがいました。

学校では周りの友達の多くが千葉大や埼玉大志望者で、同じようなところで落ち着くのは悔しい、1つでも上に行きたい一心で頑張りました。

東進ではセンター模試のランキングにいつも載っている子たちを1度でもいいから負かしたいと思ってやっていました。特に数学の1位が文系(東大志望)だったので理系なのに負けてられないと思ってました。

ほんと些細なことでもいいと思います。自分の中でこれだけは譲れないけたくないと思えることを見つけてそこにこだわってください。そうすることで自信につながっていくとともに勉強に対して前向きに取り組めるようになっていきます。

今後の人生を左右するもの今高1,2生の子は長期的にかかわっていくものである以上やるからには結果を出していく、かつ楽しさを見出して向き合えたほうが有意義ですよね。