ゴールから逆算して勉強できていますか? | 東進ハイスクール金町校|東京都

ブログ

2017年 12月 22日 ゴールから逆算して勉強できていますか?

 

 

こんにちは、長倉です。

とうとうセンター試験まであと22日となりました。高校1.2年生にとってはセンター同日試験であり、とても重要な模試になりますね!

 

本番までまだ1.2年あるから先だなぁと思っているとあっという間に1年は過ぎてしまいます。

受験生のこの時期になって、もっと早くから頑張っておけばよかったと後悔するのは嫌ですよね・・・。

 

そこで今日は高校1.2年生向けに、この時期から受験当日までのことを考え、逆算して計画的に勉強することの重要性と計画の立て方をお伝えします。

 

まず逆算して計画を立てる上で最も重要になることは、目標を明確にすることです。

簡単に言うと志望校を決めることです!

そもそも志望校や自分の進学したいレベルが明確になっていないと、これから自分が何点点数を上げる必要があるのかや、何を克服すれば良いのがを考えることができません。

まだ志望校が決まっていない高2生はそろそろ自分の目指すレベルを明確にしていきましょう。志望校や目標があることは勉強する上で自分のモチベーションになり、自ら考えて勉強することにも繋がります。

 

そして、志望校が決まったら、本番で自分のとりたい目標点数を考えましょう。

実際に科目の配点や合格点を調べることで、受験のイメージもわきますし、自分に足りない部分も見えてきます。

しかし、1年や2年後の目標点を決めてもまだ実感がわかない人も多いと思います。そのため、最終的に取りたい点数から逆算して各模試での目標点数を考えてみましょう。そうして逆算していくと、来月のセンター同日試験で取るべき点数も決まってくると思います。

 

こうして目標点を決めたらあとはそれを達成するための学習計画を立てていきます。

学習計画では、受講はもちろん、高速基礎マスターをいつまでに完全修得するかや自分で進めていく問題集や参考書のペースまで考えられるといいですね!

高2生はもう受験生になりますから、言われたことだけをやるのではなく、自分に足りない部分や苦手分野を自ら克服するための勉強を考え、実践していく必要があります。

 

これらを時期ごとに本番から逆算して考えることで、受験生になって後悔したり、本番までにやるべきことが終わっていないなどということが防げるかと思います。

 

また、この流れを「合格設計図作成システム」では、すべてPOS上に打ち込み、いつでも確認し、管理していくことができます。

目標点に関しては、自分の志望校に合わせて、合格した先輩たちの平均点もでるので、参考になると思います。活用して下さい!

 

まずはセンター同日で目標点を突破するために、残りの日数で何か一つでもやりきれるよう計画を立て、実践してみてください。

冬休みを有効活用しましょう!!

 

 

最新記事一覧

過去の記事